(英語発音)+シングリッシュについて

 

多民族国家であるシンガポールでは様々な言葉が入り混じっており、

独特なアクセントから「Singlish」という言葉が浸透しました

f:id:rubby11kei:20180105103900j:plain

Singaporean English

(英語の方言でアクセントが非常に強い)

American English(アメリカ)

Singlish(シングリッシュ)

British English(イギリス)

Japanglish(日本)

タグリッシュ - (フィリピン英語)

コングリッシュ - (南朝鮮英語)

ヒングリッシュ - (インド英語)

シンガポールの公用語は、英語、中国語、マレー語、タミール語の4種類

f:id:rubby11kei:20180105103550j:plain

これ以外にも各国によって英語の独特の言い回しやアクセントが違います。

Singlish(シングリッシュ)をいくつかご紹介します

 

No need!

「必要ない」場合、たとえば、「行かなくてもいい」

「持ってこなくてもいい」「食べなくてもいい」など、「必要ない」場合は、

「ノニー(No need)」です。

lah

「ラ(lah)」という音です。よく聞く表現としては、

「オーケー、ラ(Ok, lah)」 「ノー、ラ(no, lah)」

 

英語の言い回し方や発音は国によって違いがあるので

映画、テレビドラマ、音楽などでも何度も繰り返し聴いていると

わかるようになってくるので

イギリスドラマやアメリカドラマを見て比べるてみるのも勉強になります